Google ChromeでPDFファイルが正しく表示されなくなった場合の対処方法

シェアする

こんにちはヨシローです。
今回も前回に引き続きパソコンのトラブルシューティングについて書かせていただきたいと思います。

スポンサーリンク
simplicityのレクタングル広告(大)

PDFファイルの一部が表示されない!

先日、業務中に突如PDFファイルが開けなくなりました。
正確に言うと、PDFファイル自体は開けているのですが、一部が表示されないのです。
いや、マジでビビりましたよコレ!

こぉ〜んな感じで表示されるはずのPDFが
正常時

こぉ〜んな感じで表示される状態だったのですよ!
異常時の説明

と言うわけでトラブルシューティングを始めていくわけですが、
まずは今回起きている現象としては

Google ChromeでPDFファイルを開いた時に発生している。

ということです。

これをふまえて、まず試したのが別のブラウザで開けるかということ。

そこでInternet Explorerで開いてみます。
これは、問題なく正常な状態で開くことができました。

では、次に別の端末のChromeで開けるか試してみます。
これも問題なく開けました。

ハマる予感?!しかし、ネットの力は偉大だった

Internet Explorerでは問題なく開けて、Chromeでは開ける端末と開けない端末がある・・・

これはハマるパターンだとその時は予感してしまいました。

そこでネットで情報が出ていないか調べてみます。

すると・・・

意外とあっさりと見つかりましたよ!!

調べた情報をまとめますと

・Google ChromeではデフォルトのPDFビューワがAdobe ReaderではなくChrome内臓プラグインの”Chrome PDF Viewer”が使われている。
・Chrome PDF ViewerはAdobe Readerの完全互換ではなく、場合によって一部が表示されないことがある。
・Chrome PDF Viewerを無効にして、Adobe Readerで開くようにすれば問題なく開ける。

ということで”Chrome PDF Viewer”を無効化してAdobe Readerで開くようにしてみます。

まずは、Chromeのプラグインの設定画面を開きます。
アバウトプラグイン
Chromeのアドレスバーに”about:plugins”と入力することでプラグインの設定画面を開くことができます。

プラグインの設定画面の中で”Chrome PDF Viewer”を探して”無効にする”をクリックします。
プラグイン無効化
たったこれだけです!

この状態で一部が表示されていなかったPDFファイルを開いてみます。
ダウンロードされた
今までは、Chrome内で開かれていたPDFファイルがダウンロードされるようになっています。

ダウンロードされたPDFファイルを開くと
Adobe Readerで開けたのコピー
Adobe Readerで正常に開くことができました。

ChromeってデフォルトではAdobe Readerを使わないようになっていたんですねぇ〜。
トラブル解決をするたびに新しい事を発見できるんですが、これは大きな発見でしたね。

何より無事PDFファイルが開けるようになって何よりです。

というか、前回も書かせていただいたかもなのですがネットの力って偉大だなぁ、とまたまた思ってしまいました。
今回の現象を確認した時にハマる予感がしていたのですが、こうもあっさり解決できると思わなかったですからね!

ChromeがAdobe Readerを使わずに内臓のプラグインを使っているなんて思いもしてませんでしたから自分でやっているだけではあんなプラグインの画面開こうとも思っていなかったですからね。

無事解決できて新たな発見があったという事で今日はこの辺で。

では、また!